汗の臭いでワキガ体質なのか判断できる?

 

 

ワキガで悩まされている人は多くいますし、周りにいる人で不快に思っている人も多くいるでしょう。

 

ワキガは自分だけの問題ではありませんので、ワキガに気づいていない人がいたら指摘して改善してもらう必要があります。

 

また、自分がワキガだと気付いている人も早く改善したほうが良いのですが、中には正常な汗のにおいとワキガの臭いの区別がつかない人もいるのではないでしょうか。

 

正常な汗のにおいは、はっきり言って無臭と言えるでしょう。

 

正常な汗は水分がメインとなるエクリン腺から分泌されていますので、ワキガのようなタンパク質などが含まれるアポクリン腺から分泌される汗とは違います。

 

しかし、汗のにおいが酸っぱいという人もいるでしょう。

 

では、汗の臭いが酸っぱいとワキガの可能性はあるのでしょうか?

 

それは、全く可能性がないというわけではありません。

 

酸っぱい汗が原因となってワキガになる場合もあります。

 

ワキガの可能性がなくても糖尿病の可能性はあります。

 

糖尿病で血糖値のコントロールができなくなるとケトン体が発生して甘酸っぱい臭いになります。

 

また、肝機能の低下によってアンモニアを解毒できなくなってアンモニア臭が汗に混ぜり、汗が酸っぱい臭いになることもあります。

 

 

子供の汗の臭い

 

子供は大人に比べて汗をかきやすいので体からは汗の臭いが出ています。

 

学校で汗をかいてくるので、家に帰ってきたらすぐに臭いに気づくのですが、もしかしたらワキガではないかと思った親もいるのではないでしょうか。

 

頭やワキ、足などの様々な部分から汗の臭いがしますので、親はどの部分からどのような臭いが出ているか分からなくなります。

 

では、子供の汗の臭いはどのような臭いがするのでしょうか?

 

子供が汗をかくと、そのほとんどが酸っぱい臭いがします。

 

しかし、子供の汗の臭いが酸っぱくてもワキガであるとは言えません。

 

ワキガは子供の汗と違った臭いがしますのでワキガである可能性は低いとされています。

 

とは言っても、子供が思春期になると一時的にワキガになる場合もあります。

 

これは、思春期になるとワキガの原因となるアポクリン腺がホルモンの影響を強く受けて活発になるからです。

 

あくまで一時的に臭いが出るだけですので心配し過ぎる必要はありませんが、男の子よりも女の子の方が臭いがでやすいとされていますので、本人が気にし始めたら相談にのったり臭いがなくなるように対処してあげましょう。

 

こうしたことからも分かるように、子供汗の臭いは酸っぱいことが多いのです。

 

 

ワキガ臭とは?

 

体から発生する臭いの一つにワキガがあり、どの部分の臭いよりも強烈な臭いを発生させますので、近くにいる人や家族などは不快になってしまいます。

 

しかし、ワキガ臭は自分で気づかないことがよくありますので、ワキガになっている自覚がないまま過ごしている人がいます。

 

ワキガ臭はすごく強烈ですので気づきやすいのですが、ではワキガ臭はどのような臭いがするのでしょうか?

 

一般的に表現されているワキガ臭は、鉛筆の芯のような臭い、スパイスの臭い、タマネギの臭い、劣化したプラスチックの臭い、カビのような臭い、酸臭などが挙げられます。

 

こうしたワキガ臭は同じワキガでも体調や日常生活などによって違いがあり、臭いの強さにも個人差がありますので全ての人が同じとは限りません。

 

また、ワキガ臭は大きく分けて3種類の臭いに分けることができ、硫黄臭、スパイシー臭、脂肪酸臭です。

 

それに、ワキガ臭は普通の汗の臭いと違いますので、勘違いして指摘しないように気を付けておかなければいけません。

 

このようなことからも分かるように、ワキガ臭は様々な臭いがあり、人によって臭いが違います。

 

どのワキガ臭でも嫌な臭いには変わりがありませんので早くワキガ臭を消せるようにしましょう。

 

ノアンデ最安値!