ノアンデはワキガ以外の足臭などにも効果がある?

 

ノアンデ」はワキガに効果を発揮するデオドラントクリームとして知られていますが、足のにおいにも効果を発揮する成分が配合されているようです。
足のにおいが強いと、靴を脱がなければいけない場面に遭遇した際、周りの人に気を使ってしまいますよね。

 

普段から履いているお気に入りの靴にもにおいが移ってしまい、人によっては玄関全体が嫌なにおいで充満していることもあるのではないでしょうか?
元々ワキガ(わきの嫌なにおい)を抑えるために作られたノアンデには、においを抑える消臭成分のほかに、においの原因となる汗や雑菌を抑える成分も含まれています。

 

中でも、ノアンデの2大有効成分と言われている殺菌成分「シメン-5-オール」と制汗成分「フェノールスルホン酸亜鉛」は、においの原因に対して高い効果が期待できます。

 

シメン-5-オールとは、イソプロピルメチルフェノールの別名で、主に消毒液などに使用されている殺菌成分です。
皮膚に潜む雑菌を減らし、繁殖を抑えることで、体から嫌なにおいが発生することを防ぎます。
フェノールスルホン酸亜鉛も、高い効果が期待できる制汗成分なので、足汗が原因で発生する嫌なにおいも防げるでしょう。

 

 

足臭の原因

 

足のにおいが強くなってしまう原因は、皮膚に存在する雑菌であると言われています。
この雑菌は、誰の足にでも存在している常在菌ですが、繁殖して数が増えると嫌なにおいを発生させることがあります。
さらに、足裏に汗をかいたり、古い角質が溜まっていたりすると、足のにおいが強くなります。

 

足の裏には、足の甲と比べて約3倍・背中に比べて5〜10倍もの汗腺があると言われています。
足の裏は1日にコップ1杯分の汗をかく」と言われることもあるほど、足の裏は汗をかきやすい場所なのです。

 

タンパク質や脂質を多く含んだ汗を足の裏にかき、その汗をきちんと処理せず放置したままにしていると、皮膚に潜む常在菌が汗に含まれる成分を分解し始めます。
常在菌が汗に含まれるタンパク質や脂質などの成分を分解することで、嫌なにおいが発生してしまうのです。

 

また、足の裏は全身の体重を支えなければいけないため、角質層が厚い場所です。
肌のいちばん外側にある不要な角質はアカとなって剥がれ落ちますが、古い角質が上手く剥がれ落ちず溜まってしまうと、不要物であるアカを足裏に溜め込んでいるのと同じ状態になります。

 

足裏に溜まったアカは、汗と同じように常在菌によって分解され、嫌なにおいが発生することがあるのです。

 

 

ノアンデを足臭に効果的に使う方法

 

気になる足の嫌なにおいは、皮膚に潜む「雑菌」と「汗」のふたつが原因で発生しているケースが多く、人によっては「角質」などもにおいの原因となっていることがあります。

 

そのため、市販の制汗剤などを使用して足の汗だけを抑えてもにおいが改善されないことが多く、きちんとにおいを改善するためには雑菌の除去も必要になってきます。

 

ノアンデには、制汗成分と殺菌成分の2大有効成分が含まれているほか、においを中和させる成分や雑菌の繁殖を防ぐ成分が豊富に含まれています。

そのため、ノアンデを足に使用すれば、足汗を抑えながら雑菌の除去が可能です。

 

制汗剤だけでは誤魔化しきれなかった足の嫌なにおいでも、ノアンデで制汗&殺菌ケアを続ければ改善していけるかもしれません。

 

ノアンデを効果的に使用するポイントは、1日に使用する回数と、使用するタイミングです。
まずはお出かけ前に1プッシュ、指に出してから足全体に薄く伸ばして塗りましょう。

 

1日1回このケアをするだけで、ほとんどの人が十分な効果を得られるようです。

 

また、足のにおいが普通の人よりも酷くて症状が重いと感じている場合は、就寝前にも1プッシュしておきましょう。
皮膚の雑菌は就寝中に活発に繁殖するため、においを効果的に抑えるためには就寝前のケアがおすすめです。

 

ノアンデ最安値!