男性の体臭は何が原因!モテるためはケアが大事

 

臭いは人を不快にさせますので良いことではありません。
本人が気づいていない場合がほとんどで、周りの人から指摘されて初めて気づく男性もいます。
そんな臭いの原因となるのは主に体から分泌される汗や皮脂、それに元から皮膚に存在する常在菌です。
また、分泌される汗にはエクリン腺から分泌される汗とアポクリン腺から分泌される汗の2種類があり、特にアポクリン腺から分泌される汗は強烈なワキガ臭の元となります。
皮脂には皮脂腺から分泌される皮脂と角質層の中にある脂質があり、この皮脂だけでは臭いが発生することはありませんし、強烈な臭いになることもありません。
では、皮脂や汗が臭いとなってしまうのはなぜでしょうか?
それは、汗や皮脂が分泌されて混じり合い、それを時間をかけて常在菌が代謝したり分解し、これが空気中にある酸素によって酸化されることで臭いとなるのです。
こうした男性の臭いはワキや足、頭皮などから発生しますので、それぞれの部位に合ったケアが必要となります。
また、頭皮から発生する臭いは油臭いような感じの臭いで、足は納豆のような感じの臭いを発生させます。
ワキは酢やチーズのような鼻につく臭いを発生させますし、人によってはスパイスや古いタンスを開けた時のような臭いが発生します。
このような男性の臭いは嫌われる原因にもなりますので早めの対応が重要と言えます。

中年は臭い?若い人との体臭の違い

男性から発生する臭いは全ての人が同じとは限りません。
若い人と中年の人では臭いに違いがあるからです。
若い男性は新陳代謝が活発となっていますので大量の汗をかきますが、これは10代半ばくらいから20台半ばくらいによくあり、エクリン腺から分泌される汗と皮脂腺から分泌される皮脂が混ざり合い、それを常在菌がエサとして代謝や分解をしながら増殖し、その後に排泄物として排出されたものが臭いとなります。
一方で中年男性の臭いはジアセチルという汗の中にある乳酸が常在菌によって分解されることで発生します。
このジアセチルと皮脂臭が混ざり合うと更にきつい臭いを発生させ、特に後頭部周辺から使い古した油のような臭いが発生してしまいます。
中年男性とは40代後半くらいまでですが、50代になると今度は加齢臭も発生してしまいます。
加齢臭はパルミトオレイン酸が酸化されてノネナールという成分に変化し、そのノネナールが臭いの原因となって体中から枯草のような臭いが発生する人もいます。
このようなことからも分かるように、若い人と中年の人では臭いが変化してきますが、早く気づいて改善しないと家庭内で嫌われてしまうことがありますし、職場で仕事に悪影響を及ぼす可能性もあります。
だから、今すぐにでも改善できるように対処していきましょう。

年齢に関係なくケア方法は同じ

バター
男性が発生させる臭いは予防することができますし、長く頑張り続ければ解消することもできます。
また、予防法や解消法は年齢に関係なく同じとなっており、基本的に制汗剤を使用して予防し、食生活に気を付けることで解消していきます。
勿論、汗をかいたらすぐに清潔にすることも大切ですし、汗のついた服はすぐに着替えることで臭いを抑えることができます。
食生活ではバターやラードなどの動物性脂肪を控えるようにし、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用がある成分を含んだ食事に心がけると良いでしょう。
それと、クエン酸は汗の臭いを抑える働きがありますので、梅干しやレモン、お酢などを取り入れるのも大切です。
制汗剤は汗を拭きとってから使用すると効果的ですし、臭いが気になる部分にはこまめに使用すると良いでしょう。
それに、毎日しっかりお風呂に入って全てを清潔にしておくことも予防や解消に繋がっていきます。

 

ノアンデ最安値!