加齢臭が出始める年齢は?早い人、遅い人がいるのか?

 

ふと気がついたら、自分自身から気になる臭いが・・

というようなことはないでしょうか。

あるいは、自分で気がつかずに他人に指摘されて気がつくということもあるでしょう。



加齢とともに現われる加齢臭はいくつくらいから発生するのでしょうか。

加齢臭にも発生しやすい時期というものがあるのでしょうか。

別名で、親父臭とも呼ばれている加齢臭です。



もっとも、この加齢臭という言葉は資生堂が名付けたのです。

それまでは親父臭という呼び方が一般的でした。

親父臭よりも軟らかい表現になったような気がしますが、内容に変わりはありません。



多くの人が推測できるように、加齢臭が発生しやすい時期は、中年と言われる30代後半以降が多いようです。



40代になるとほぼ確実に加齢臭が発生すると言われています。

どうして、この時期に加齢臭が発生するのかというと、一番にこのくらいの年代の男性では皮脂の分泌が活発になるからです。



皮脂が酸化することによって、加齢臭の元となる成分のノネナールが生成されます。

言うなれば、皮脂の分泌が活発になるということは加齢臭の材料が揃ってきているということになります。



皮脂の分泌が活発になる原因の多くは、加齢によるホルモンバランスの乱れです。



男性ホルモンが多くなると体臭がきつくなるとされていますが、逆に男性ホルモンが加齢によって減少することでも体の中にいろいろな変化が生じてそれが体臭の元となってしまうのです。



いずれにしても30代後半から40代にかけては加齢臭に要注意しなくてはいけません。

 

加齢臭が出る体の部分は?


加齢臭は皮脂腺の中の物質が分解されることが原因で起こります。


もっとも加齢臭といっても中年以降の男性の臭いということになりますから、原因となるのは汗であることには間違いありません。

そして、この加齢臭が発生する場所ですが、皮脂腺のあるところということになります。



皮脂腺は体のあちらこちらのあるのですが、主に、頭、おでこ、鼻、首回り、耳の後ろ、胸、ワキ、そして背中となります。これだけ書いてしまうと、上半身のほぼ全てを皮脂腺が網羅していると考えてもいいでしょう。



そして、この中で臭いが出やすいのが耳の後ろです。ここはしっかりと洗っていると言う人が少なく、さらに皮脂が貯まりやすい部分でもあるのです。


臭いの元というとワキが代表選手のような気がしますが、それだけ注意を払っている部分でもあるので、消臭剤などをしっかりとかけてケアしている人がほとんどなのです。

ですから、意外に思うかもしれませんが耳の後ろに加齢臭が出ることが多いということを覚えておきましょう。



もっとも、皮脂腺が通っているといころでは、臭いが出やすいです。耳の後ろだけではなく皮脂腺のあるところ全てで臭いに対するケアをするようにしたほうがいいでしょう。

加齢臭の予防方法

 


若い頃は、揚げ物でも肉でも何を食べても大丈夫だったものですが、加齢とともにそれを処理する内臓のほうが弱ってきてしまいます。



ですので、若いとき以上にバランスの良い食事を心がけないとその影響が一気に体に出てしまうのです。



その顕著な例が加齢臭です。



加齢臭を出さないためにも必要なのが抗酸化物質です。

これは、亜鉛などのミネラル、カテキンなどのポリフェノール、さらにはビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、βカロチンなどです。



加齢臭が出るときは体内の活性酸素量が増加しているときです。

活性酸素は体の機能をさび付かせてしまい、老化させるだけではなく、皮膚を酸化させてノネナールを発生させる言わば諸悪の根源のような存在なのです。



そのためにも上にあげた抗酸化物質を摂取することが大切です。

ミネラルは主にスルメ・カシューナッツ・牡蠣に含まれていますし、ポリフェノールは大豆・緑茶・烏龍茶・赤ワインに多く含まれています。



さらに、ビタミンCはピーマン・ケール・ブロッコリー、そして、ビタミンEはアーモンド・トウモロコシ・カボチャに多く含まれています。これらの食材をしっかりとって加齢臭対策をするようにしましょう。

 

ノアンデ最安値!