更年期障害は女性だけに起こることではありません。
男性にも起こることです。
男性が更年期になると様々な症状があらわれて悩まされてしまいます。

 

その更年期障害を男性が発症すると汗をたくさんかいてしまう多汗症状があらわれることもあります。
男性更年期の多汗症状はホットフラッシュと呼ばれており、のぼせや火照りなどの自覚症状によって気づきます。
涼しい場所にいても滝のように汗をかく人もいますし、何もしないでじっとしているだけで顔が真っ赤になって汗をかく人もいます。

 

また、男性の更年期障害は加齢によるホルモンの低下やストレスによるホルモンバランスの乱れが主な原因になります。
その原因によって自律神経がしっかり機能しなくなり、体温調節が上手くできなくなったり発汗をコントロールできなくなって多汗症状のホットフラッシュがあらわれてしまいます。

 

それに、ホットフラッシュが起こった後、急激に体が冷えることがあり、上半身は火照りやのぼせで熱く感じるのに下半身は冷えで寒さを感じて体調を崩してしまうことがあります。

こうした更年期特有の多汗症状はワキガの人は要注意です。

 

特に更年期の多汗症状は上半身にあらわれやすいからです。
上半身に多汗症状があらわれることによってワキガの強烈な臭いが更に強くなることがあるからです。

 

汗をかきやすくなるということはワキから分泌される汗も増えるということなので、今まであまりワキガ臭を発生させていなかった人も臭いが発生しやすくなりますので気を付けておきましょう。

 

 

更年期の多汗とワキガ臭

 

多汗とワキガ臭には深い関りがあるのをご存知でしょうか?
そもそも多汗症はエクリン腺という汗腺から汗が分泌されるので臭いはほとんどありません。
一方でワキガの元となる汗はアポクリン腺という汗腺から分泌されます。

 

だから、多汗でエクリン腺から汗を分泌しても臭いは発生しないのでワキガとは無関係だと思ってしまいますし、実際にワキガ臭はしないので気にしない人もいます。

 

しかし、アポクリン腺から分泌される汗にエクリン腺から分泌される汗が混じることで、強烈なワキガ臭を広範囲に広げてしまうのです。
汗が広がると同時に臭いも広がってしまいますので、ワキ全体だけではなく、他の体の部位にも臭いが広がる可能性があります。簡単に言いますと、更年期による多汗はワキガを助長させるということです。

 

だから、ワキガの男性は更年期障害による多感症状があらわれたときは注意が必要です。
また、ワキガは自分で気づきにくいとされていますので周りの人に聞いてみるのも良いですし、逆に家族などの日常生活を共にする人はワキガだということを教えてあげると良いでしょう。

 

そうすれば、更年期による多汗で周りの人を困らせないですみます。

 

 

効果的なケア方法

 

ワキガ臭を更年期の多汗症状で強くさせないためには様々なケア方法があります。
ワキガは制汗剤やクリニックなどでの手術、食生活や日常生活の改善などによってケアすることもできます。
男性の更年期は緊張やストレスを感じないように心がけることや更年期に良いとされるサプリメントを使用することです。

 

また、日頃から体を動かすように心がけて全身の汗腺からまんべんなく汗が分泌させるようにするのも効果的と言われています。

他には吸水性や速乾性に優れている肌着を使用することやワキガ臭を改善できるボディソープやボディクリームなどを使用することです。

 

一時的なケア方法として小さな保冷材で首元やワキの下を冷やすのも良いでしょう。
男性更年期やワキガ臭で悩んでいる男性は色々なケア方法を試し、自分に合った方法を見つけて続けていってください。

 

ノアンデ最安値!