男の体臭は一種類ではない!気になる種類別の原因とケア方法

 

男性の体臭は強烈な臭いを出すことがありますので、できることなら早く解決して気分よく過ごしたいものです。
その男性の体臭には種類があり、汗臭やミドル臭、加齢臭やワキガ臭などがあります
汗臭は新陳代謝が活発な若い男性に多くあり、全身の様々なところにあるエクリン腺から分泌される汗が原因となります。
汗自体に臭いはほとんどありませんし、エクリン腺から分泌される汗はほとんど水分ですので、それほど強烈な臭いは発生しません。
ミドル臭は中年男性が発生させる体臭となっており、ジアセチルという成分が原因となっています。
ジアセチルは汗に含まれる乳酸の一つで、ジアセチル自体にほとんど臭いはありません。
皮脂に含まれる中鎖脂肪酸と混じり合うことによって臭いが発生し、後頭部や首回りから使い古した油のような体臭が出ます。
また、ミドル臭は皮脂の中に蓄積されますのでケアしないと臭いが溜まってしまいます。
加齢臭は早い人で40代前半くらいから発生してしまう体臭となっており、40代後半から50代前半くらいに本格的に発生してしまいます。
この加齢臭は加齢によって増加するパルミトオレイン酸が酸化し、ノネナールという成分に変化することが原因となっています。
皮脂と混じり合って空気中の酸素で酸化されることで枯草のような独特な体臭となってしまうのです。
ワキガ臭も体臭の一つですが、男性だけではなく女性にも発生することがあります。
このワキガ臭はワキにあるアポクリン腺から分泌される汗と皮脂が混じり合い、それを皮膚にいる常在菌が分解することによって強烈な臭いが発生してしまいます。
独特の酸っぱい臭いやチーズのような臭いなどが発生しますが、他の体臭に比べて臭いが強いので近くにいれば誰でもすぐに気づきます。
このような体臭の種類がありますが、皮膚が臭う体臭や体の中から臭う体臭、それに胃腸から臭う体臭に分けることもできます。

体臭は自分では気づきにくい

体臭を発生させている多くの人は自分で気づいていないことがよくあります。
ではどうして自分の体臭に気づかないのでしょうか?
それは自分の体臭に慣れてしまうことや自分の臭いだから気にならないからです。
誰でも臭いに慣れると最初に比べて気にならなくなりますが、体臭を発生させている人は常に臭っている状態が続いていますので慣れてしまうのです。
また、同じ臭いを嗅ぎ続けることで脳が錯覚して臭いに鈍感になってしまいます。
こうして自分の体臭に気づかない人は、そのまま過ごしていくことで周りの人たちを不快にさせてしまいますし、気づかないまま放置しておくと臭いが更に強くなることもあります。
ですので、体臭を発生させているかセルフチェックしておくと良いでしょう。
ワキガ臭の場合はティッシュをワキに3分くらい挟み、その臭いを嗅いでチェックすることができます。
頭皮や首周りの加齢臭などは枕の臭いをチェックするのも良いですし、ティッシュで強く拭き取って臭いを嗅ぐのも良いでしょう。

他人にばれる前のケア

体臭がばれると周囲からの評判が落ちますし、印象が悪くなって嫌われる原因にもなりますので、ばれる前に解消するのが一番良いです。
体臭をばれる前に解消するにはサプリメントや制汗剤をこまめに使用することが最も効果的と言えます。
勿論、毎日しっかりお風呂に入って頭や体を綺麗に洗い清潔を保ち続けますが、これだけでは男性の体臭を抑えられない可能性もありますのでサプリメントや制汗剤を併用しましょう。
体臭がばれてからでは手遅れになることも考えられますので、早めの対応でばれる前に解消してみてください。
そして、友人や同僚、家族などに嫌われることなく楽しく過ごしていきましょう。

 

ノアンデ最安値!