制汗剤を使うタイミングは?誰にもばれずに使う方法

 

 

制汗剤はいつつけるのが効果的?

 

正しい汗対策は、同時にニオイ対策にも直結します。

 

制汗剤も正しく使うようにしましょう。

 

間違った使い方では効果も激減してしまいます。

 

汗をかいた後に制汗スプレーをシューッとやって、

 

汗&ニオイ対策は万全!

 

と考えている人は、これはNGなんです。

 

制汗剤を使う適切なタイミングは「汗が出る前」そして「出かける前」がベストです。

 

これをしっかりチェックしておきましょう。

 

もっとも、出かける前でしたら、誰にもバレずに制汗剤を使うことができます。

 

一方の汗が出る前というのは難しいですね。

 

まずは、出かける前に汗をかきやすい場所、

 

汗をかいてニオイが気になりやすい場所、

 

わきの下などに制汗剤を塗って、余分な汗の分泌を防ぎましょう。

 

日中にカラダを動かせばどうしても汗は出るものです。

 

そのときには、制汗シートなどで、汗とともに角質や皮脂をしっかりふき取るのです。

 

これは、人前ではバレるので、トイレに入って行うといいでしょう。

 

こうして汗や皮脂などをしっかりふき取ることで、皮膚の表面をゼロベースに戻します。

 

そして、制汗スプレーなどを噴射するのです。

 

余分な汗の分泌を防ぐ

 

汗をかいたらすぐに拭き取る

 

制汗スプレーなどで殺菌&消臭

 

といった流れで制汗剤を効果的に活用しましょう。

 

 

市販の制汗剤は持続力がない

 

汗をかきやすい

 

臭いが気になる

 

そういったときは制汗剤が欠かせません。

 

サッと使えて簡単に汗及び臭いへの対策ができるのです。

 

しかし、制汗剤には種類があったり、製品自体も沢山あるので、選択に迷う人も多いでしょう。

 

一体どのような種類があって、どんな製品がおすすめなのでしょうか。

 

汗や臭いが気になる人にとって制汗剤は頼れる味方です。

 

特に夏場は汗が気になりやすい季節なのでしっかりと制汗対策を講じることが大切です。

 

制汗剤の選び方が良くなかったり、

 

自分に合わない制汗剤を選んだりすると、

 

上手な制汗対策を行うことができないのです。

 

制汗剤を使用していても、効果を実感できない場合、

 

制汗剤を正しく選べているのか見直すのも良いでしょう。

 

価格をチェックするのもひとつのポイントです。

 

基本的には低価格の物は避けた方が良いです。

 

ドラッグストアやコンビニなどでは安い物が売られています。

 

気軽に購入してしまいがちですよね。

 

そうした商品の場合はあまり持続力がないことが多いんです。

 

結局、沢山使うことになるので

 

逆にコストがかかります。

 

結果として、高くついてしまうこともあるのです。

 

それよりも、多少は高くても持続時間が長い方が使い勝手が良いですよ。

 

 

長時間持続する制汗剤を選ぶ

 

ニオイの原因を理解して制汗剤を選ぶ

 

制汗剤の第一目的は、汗の量を抑えることです。

 

汗は、常在菌のエサになるとともに、菌の繁殖に好都合な環境づくりにも一役買います。

 

その汗をできるだけ抑えてしまおう!というのが制汗剤なのです。

 

主な制汗成分は弱酸性のACH(クロルヒドロキシアルミニウム)やミョウバンです。

 

これらが汗腺の働きを抑えてくれ、汗を出にくくしてくれるのです。

 

なお、最近の制汗剤には「殺菌剤」がプラスされているものも多いようです。

 

これも、ニオイの原因の仕組みを理解しているとわかりやすいです。

 

皮膚の上に棲む常在菌は、皮脂や汗、角質などをエサにして増殖します。

 

殺菌剤は、細菌がそれ以上増殖しないように仮死状態にさせ、

 

さらにもっと強力に働いて死滅させることもあります。

 

菌が繁殖しなければ、ニオイの元となる分解物も生成しません。

 

よって、ニオイが発生するリスクを軽減できるという仕組みなのです。

 

さらに、発生してしまったニオイを科学反応で中和して消臭してくれるのです。

 

制汗剤を選ぶ際には、「汗をただ抑えたいのか?」

 

「菌の繁殖を防ぎたいのか?」

 

「消臭効果が必要なのか?」といった、

 

目的に応じてそれに適した制汗剤を選ぶことが必要です。

 

もっとも、優れた制汗剤は持続力のあるものですよ。

 

 

ノアンデ最安値!