煙草を吸うと体臭が悪化する?吸わない人はどうなのか

 

煙草を吸わない人のほうが煙草を吸う人の数よりかなり多くなっています。

そして、煙草の煙を嫌う人が多いので、煙草を吸ういわゆる喫煙者の居場所は年々少なくなっているのが現状です。



そのような居場所の少なくなってきた肩身の狭い喫煙者にさらに追い打ちをかけるのが喫煙者の体臭です。



喫煙者と非喫煙者の体臭はかなり差があることがわかっています。


その原因はどういったところにあるのでしょうか。

まず考えられるのが、煙草の煙の強い臭いにあるのは間違いありません。



口臭なども煙草臭くなって周囲に迷惑をかけている人も少なくないでしょう。

そして、もう一つ大事なことがあるのです。



それは、煙草の吸いすぎによる体内環境の悪化です。

それによって特有の体臭が発生しているのです。



煙草による体臭の中でも、一般的なのが煙の臭いです。煙草の煙には独特なヤニの臭いを作るタールや刺激臭として知られるアンモニア、さらには酢酸など、様々な悪臭の元となる物質が含まれているのです。



これらの煙草の成分が口や肺、さらには頭髪や服など至る所に付着することで体臭がきつくなるだけではなく、周囲の人にまで煙草の臭いが染みついてしまうのです。



また、常習的に煙草を吸っていると煙草を吸わない人に比べて、汗の臭いが臭くなりやすくなります。


煙草に含まれるニコチンが汗の分泌を促す作用があるため、通常よりも発汗量が増えてさらに臭いが強くなるとされているのです。

さらに、煙草による血行不良によって体臭がきつくなることも指摘されています。

ニコチンは体内に吸収されることで血管を収縮させる作用があるので血流が悪くなるのです。



血行不良になると乳酸やアンモニアが汗と一緒に分泌されることでアンモニア集といった悪臭を発生させてしまいます。



また、汗をかくことで皮脂の分泌も活発に行われ、それが元で悪臭となることがあります。

 

煙草の後は必ず歯磨き


煙草を吸った場合は、まずは口から煙草の臭いを周囲にまき散らすことになります。



肺から出した空気を周囲の人は知らず知らずのうちに吸ってしまいますから、喫煙の2次被害を起こしかねません。



周囲の人に迷惑をかけないためにも、煙草を吸ったときは歯磨きなどをこまめに行うようにしましょう。また、煙草の臭いが周囲に拡散しないように召集対策をしっかりとることが大切です。



いずれにしても煙草を吸うということはどうしても煙草の臭いが体についてしまいますし、吸うということは吐き出すこととイコールです。


煙草の臭いを周囲にまき散らしているという意識を持つことが大切なのです。

まずは、煙草を吸ったら歯磨きをすることが大切です。そしてさらに召集対策をしっかりとることで、自身も気持ち良く煙草を吸うことができるのです。

 

体臭予防には禁煙が一番

禁煙

煙草を吸うことのメリットはストレスを発散させることです。煙草を吸うことで気持ちを落ち着かせることができるとされています。しかし、メリットはそれだけと考えていいでしょう。



健康被害のことを考えるとデメリットのほうが多すぎるのです。



そのため、年々喫煙者に対する風当たりは強くなる一方です。



さらに増税となると一番に上がるのが煙草の価格です。煙草を吸い続けるメリットは、リラックス効果以外見当たらないのが現状ですし、リラックスを求めるのでしたら他にもいろいろな方法があります。



自身の健康と周囲への配慮のためにも煙草を止めることすなわち禁煙を行うことが大切となります。



体臭などが気になる人は特に禁煙をすることで体臭改善につながることは間違いありません。



まずは、禁煙をしてみることです。それによって様々な面で効果が表れることを実感するはずです。



食べるものがおいしくなることは間違いありませんし、なによりも体質改善で悪臭がしなくなることが禁煙の大きなメリットと言えるでしょう。

 

ノアンデ最安値!