スポーツ選手は体臭が少ない?その原因と真実

 

人が生きて行く上で新陳代謝というものが必要です。大きくは食べて排泄して、新陳代謝の大元と考えていいでしょう。

そして食事も大切ですが、運動も大切なのです。新陳代謝というと汗も大切な要素です。



食事もそうですが運動も不足気味だと体が臭くなっていくということを知っている人は意外と少ないようです。

食事も運動も体臭を左右する重要なファクターなのです。



特にここでは運動と体臭の関係について考えてみます。

実は汗自体には臭いがありません。これは本当のことで多くの人が勘違いしてしまっているのですが、汗が排出されて空気に触れることで、細菌と反応して体臭となってしまうのです。



汗をかいてもすぐに拭くなど清潔に保ってさえいれば周囲を不快にさせることはありません。



人の汗腺はエクリン腺とアポクリン腺という汗腺から汗が出るのですが、汗のほとんどはエクリン腺であり、このエクリン腺の99%は水です。ですから流れ出た汗は臭くありません。



そして、スポーツ選手の出す汗のほとんどはエクリン腺なのです。ですからスポーツ選手の体臭はほとんどないというのはわかりますね。



もっとも汗をかいたままにしていると汗が酸化してしまうのでどんどん臭くなってしまうので、それはスポーツ選手でも一般の人でも変わりはありません。



また、運動をしない人の汗には乳酸が含まれることが多く、これがアンモニアの分泌を増加させる働きがあるそうです。



運動をしない人の汗は臭いがきつくなる要因はそこにあるということですね。

 

体臭は汗が原因?


汗をかくひとほど、体臭がきついイメージがあります。特に肥満体型の人は汗かきでどうしても不潔っぽく見えてしまいます。



しかし、勘違いしている人が多いのですが、汗そのものは臭くありません。

結論を先に書いてしまうと、汗をかくことが問題ではなく、かいた汗を放置しておくことが問題なのです。



また、上述していますが、汗にも2種類あります。一つはエクリン腺という汗腺から出る汗、そしてもう一つがアポクリン腺から出る汗です。



このエクリン腺から出る汗は、体温調節をするための汗です。

暑くなると体温調節のために汗が出るのですが、それはエクリン腺から出る汗で、この汗に臭いはありません。



人から出る汗のほとんどはこのエクリン腺から出る汗ですから、成分はほとんど水なのです。



もっとも、これも書いたように臭いのない汗でも、それを放置してしまうと、皮脂に潜んでいる細菌と反応して臭いを出してしまいます。これが体臭となるのです。



ですから、汗をかくのは体の正常な機能ですから、それは良いとして、汗をかいた後のケアが大切です。



できればすぐに拭き取るなどの処置をすれば体臭となることはありません。

また、もう一つのアポクリン腺はエクリン腺と違ってここから出るあせは臭いがあり、これが体臭となります。



ワキガなどはアポクリン腺から出る汗が原因となりますし、陰部からの汗もアポクリン腺から出ます



このアポクリン腺は悪臭の元となるので注意が必要です。

 

体臭改善に運動は不可欠

運動

体臭改善については運動が大きなポイントとなります。運動イコール汗をかく、そして体臭につながるというイメージを持っている人もいるかもしれません。



しかし、実際には運動は効果的な体臭対策となるのです。

運動がもたらす体臭対策は一言では終わりません。



まずは血行改善です。血行不良が体内に老廃物と毒素を溜め込んでしまってそれが血管に流れ込んで、結果的に体外に汗と一緒に排出されてしまいます。



また、運動は腸のぜん動運動を活発化させるので、便秘対策にもなります。便秘によって体内に毒素が蓄積されそれが血液に回って汗と一緒に体外に排出されることも広く知られているのです



運動して汗をかくことはとても大切です。むしろ、運動しないでかく汗の匂いのほうが強くなりますので、日頃から運動は体臭対策にとても効果があるのです。

 

ノアンデ最安値!